1週間で電子出版する方法

あなたは年に52冊の本を出版できます!と言われたら、どうですか?
 
「そんなこと出来るわけないじゃないか!」
 
そう、思ったりしませんか?
 
たしかに、一冊でも大変なのに
52冊という数字を聞くと、とてもじゃないけど達成できる気がしません。
しかし、考えてみるとどうでしょう。
 
年に52冊ということは、月に4冊を出せればよいということ。
つまり、1週間に1冊を出版すれば可能なのです。
また、それが電子書籍・電子出版だと、どうですか?
 
出版社の会議などを通さない電子出版であれば、時間もかからず出版することが可能です。
 
あとは。原稿だけ。
原稿の執筆がスピーディーに進めば、さらに1週間で出版できる可能性も高くなります。
 
本書では、そのタイトル通り
1週間で電子出版をする方法をお話しています。
 
実際に、仕上げた実績も紹介したり
1週間で電子出版をすることに徹底した内容となっています。
 
出来ないと思っていることは、幻であり
必ず達成するという強い気持ち
そして、本書の内容があれば、1週間で出版することは充分可能なのです。
 
 
 
〈目次〉
はじめに
第1章  電子書籍は数が勝負
第2章  これしかない!と思って
第3章  ブログと組み合わせる
第4章  500文字を毎日5記事
第5章  音声認識で作っていく
第6章  原稿づくりの効率アップ
第7章  ページビュー対策をおこなう
第8章  一斉出版の時代
おわりに
 
 

以下のボタンをクリックすると
アマゾンの購入ページへ進むことができます。

関連商品

  1. ストック型コンテンツ

    まもなく迎える2020年の東京オリンピック。その後どのような変化が起こるのか?

  2. 1週間で電子出版する方法2

    電子書籍を量産する上での出版テクニックに加え、無名作者の戦略を紹介しています。

  3. 目指し!印税生活2

    これからの新しい働き方として紹介された「目指せ!印税生活」の続編です。

  4. フラッシュモブの始め方

    電子書籍では初のとなるフラッシュモブのノウハウ本。初めての方がフラッシュモブを導入する上でのノウハウが凝縮された一冊。

  5. 企業はダンスを取り入れよ!

    スマートフォンとソーシャルが普及している現在はコミュニティの時代。この時代での企業に向けたダンス導入を提案した一冊。

  6. 1週間で電子出版する方法/合冊版

    1週間で電子出版する方法の合冊版です。2つの執筆法と無名作者の戦略を紹介します。

本の一覧

ページ上部へ戻る