,

ダンスを仕事にするスキルvol.4

「集客のことを考えずに、好きなダンスだけを考えたい」

あるダンスの先生と会話をしていた時に、ふと出てきたセリフでした。
 
そうなんですね。ビジネスをしたいわけではないのです。
ダンスの教室を仕事にしている先生は、そもそも好きだからやっているんです。
 
しかし、ダンスが広まった今は、集客のことも考えなければいけなくなりました。
 
空き時間、隙間時間に、さらりと読める「ダンス教室ビジネス書」
そこを目指して作りあげたのが、ダンスジョブのシリーズ本です。
 
そして今回は、シリーズ第4弾になります。
実は、この第4弾がシリーズ本の入口になると思っております。
 
本書は、1つの章が短く、読みやすくなっています。
 
「目次」
 
はじめに
ダンサーという肩書き
新しい地域でのレッスン
スクール生の声を発信していく
手を挙げない理由
先生のブランディング
初級クラスを増やすと安定する
入会してもらうことは考えない
辞める前のシグナル
わたしが使う魔法のコトバ
キャラクター設定をしてみる
自分のスタジオを持ちたい方へ
ダンス教室の為のSNS活用法
見学時の仕組みづくりとは?
ティッピングポイントまで頑張る
投資しなければ行動しない
初心者クラスは8割、上級2割
物販をはじめる
レッスン後はゲーム化を
スタジオ両立の結末
教室とイベント活動はセットに
おわりに
 
 
 
 
 

関連商品

  1. 教室ビジネスのメモ帳D

    隙間時間や移動中にサラリと読める、教室ビジネスのメモ帳シリーズ本の第4弾

  2. 昔、ダンスを習っていたアナタへ

    ダンスを学んでいた方へ。これからの時代の「新しい活躍の場」を提案します。

  3. ダンスを仕事にするスキルvol.3

    ダンスを仕事にするための情報を一冊にまとめたシリーズ本の第3弾です。

  4. ダンスを仕事にするスキルvol.2

    ダンスを仕事にするための情報を一冊にまとめたシリーズ本の第2弾です。

  5. 未来のダンスメソッド

    どのように考えれば、振付がスムーズにできるようになるのか? 誰も教えてくれなかった振作の思考法やノウハウを本書で公開。

  6. ダンスを仕事にするスキル合冊版

    ダンスを仕事にするための情報を一冊にまとめたシリーズ本の合冊版です。

本の一覧

ページ上部へ戻る