目指せ!印税生活

電子出版で夢の印税生活を目指しましょう。
YouTuberやブロガー、アフィリエイターなど、この数年で新しい職業が登場してきました。

そして、また新たに誕生するのが
「電子書籍の作家」なのです。

「しかし、本当に電子出版の印税で食べていけるの?」
そう思われる方もいるかもしれません。

これが書店で販売されている紙の本であれば、その可能性はあるかもしれないが
それが電子書籍となると、ちょっと不安という意見もあるでしょう。

しかし、そのような今までの流れを覆すようなシステムが生まれたのです。

それが、amazonのキンドル・ダイレクト・パブリッシングであり
ページビューという課金モデルなのです。

ちなみに私は、この本が33冊目となります。
定期的に出版を重ねてきており、その度に収益も少しずつ上がっています。

以前の印税モデルであれば、難しいかもしれなかったですが
ページビューという読まれたページ数によって課金されるシステムであれば、可能性は充分に見込めます。

すでに海外では、電子出版で億を稼ぐ作家も出てきており
日本でも、そういった結果を出し始めた作家も存在しています。
まさに、これからの職業なのです。

またamazonが始めた、kindle UnlimitedとPrime Rerdingという
2つの読み放題サービスによって、ページビューの課金率も上がるでしょうし
今後、この流れが拡大していくのは予想できます。

もし、あなたが本気で電子出版で稼いでいこうと考えるのであれば
今このタイミングに参入するのが、最も正しい決断なのです。

いまが、印税生活を目指すべき絶妙のタイミングです。

<目次>
はじめに
第1章 ビジネスが上手くいかない
第2章 タイピングを克服せよ!
第3章 電子書籍は、ヒット&ラン
第4章 少し未来の集客ツール
第5章 新・安定のカタチ
第6章 作家としてのメリット
第7章 電子出版の成功ポイント
第8章 コンテンツのお約束
おわりに

 

関連商品

  1. 電子出版という未来の働き方

  2. 目指し!印税生活2

    これからの新しい働き方として紹介された「目指せ!印税生活」の続編です。

  3. 1週間で電子出版する方法

    いまや個人でも本を出せのが電子出版であり、その電子書籍を量産する上での出版テクニックを本書では紹介しています。

  4. 40冊も出版できた方法

  5. 電子出版という新しい働き方

    働き方の1つとして、電子出版をベースにした働き方を構築する方法がオススメ。

  6. 1週間で電子出版する方法2

    電子書籍を量産する上での出版テクニックに加え、無名作者の戦略を紹介しています。

本の一覧

ページ上部へ戻る