映画をヒントに考えてみる

映画「キングコング」を見に行ってきました!

この映画はなんといっても多くの怪物が出てきて戦うという
派手なシーンが、めちゃくちゃ多いのが見えるところなのですが
僕の中で特に印象に残ったのが最後のシーンです。

その最後のシーンとは、字幕スーパーの後に出るおまけの映像なのです。
ネタバレになるので内容は言えないのですが
「こう来たか!」
「この展開に行くのかー!」
という内容なのです。

ちなみに、このキングコングと言う映画は
今までのキングコングのリメイク版ではなく、全く違うものとして仕上がっています。

最後のシーンも含めて、日本にの影響を受けているというのがハッキリ分かります!
おっと、あまり語るとネタバレになってしまうので言えないのですが…
字幕の後の最後の映像は、絶対に見逃さないでください!
間違えても映画が終わったと思って帰らないように、必ず最後まで観ましょう。

この記事は、映画からヒントを考えてみると言う内容でもあるので
少しお話すると
今回の「キングコング」でも、ヒントを得たのですが
映画を見ながら「これは自分の仕事に使えるかも」と考えながら
観ていると、新たなアイディアが浮かんだりします。

例えば。スピンオフ映画です。

スピンオフ映画とは、それまでは脇役だったものが主役となり
新たな映画(やドラマなど)が作り出されるといった内容です。

スピンオフというコンセプト自体が使えるんじゃないかと思い
「スピンオフ戦略」とも言いましょうか
僕も今後、これを活用していこうと思っています!

具体的には、今後の著作に導入していこうと考えてます。

また、日本で受けるのであれば、海外でも受けるのではないだろうか?
そういう考え方を持つヒントにもなった映画が「キングコング」ですかね。

映画を純粋に楽しむということも大切ですが
また1つ違う観点で映画を見ると、そこには新たなヒントが生まれる。
そう思いました!

今回も最後まで読んでいただきありがとうございます。

ピックアップ記事

  1. https://www.youtube.com/watch?v=hE5xrxkormMバーチ…
  2. 2020/3/29

    information
    当ウェブサイトに、お越しいただきありがとうこざいます!複業家2.0ウェブサイト運営者の杉山ト…
  3. https://www.youtube.com/watch?v=8naHqzbu5RcSNS…

Facebookページ

PAGE TOP