アーティストの終わり!?

メディアプランナー、ゲームプロデューサーで写真家の金杉肇さんのこの一言はすごく納得しました。
これからの時代、今までのようなアーティストでは食っていけない。そういったビジネスモデルはもう終わり。
今の時代の流れを把握してビジネスモデル自体を考えないと難しい。
この言葉にはすごく納得しました。
というのも、僕自身20年近くダンススクールを経営してますが 最近になって思うことが「しっかりとビジネスを考えていかないと、今後はすごく難しくなっていくだろうな」ということです。 実際、既にそうなっているでしょう。 もうアーティストだけ(アーティスト1本)で、進む時代は終わりです。
趣味でやっていくには良いですが、仕事として行くのであれば、独自のビジネスモデルとプロモーションを考えていかなければなりません。 それをしっかり考えないと、いつまでも「アルバイトをしながら」「仕事をしながら」にとどまり 次のステージ(アーティストを仕事にするというステージ)には進めれないでしょう。
今はインターネットが普及している時代なので、ネットを上手に活用して自身のビジネスモデルやプロモーションを仕掛けていくことが重要。
新しいアーティストの時代であり、食べさせてもらう時代=古いタイプのアーティストは、もう終わりでしょう。  

ピックアップ記事

  1. 電子出版をすると、以前の無料小冊子を使った集客をおこなうことができます。しかも、無料小冊子よりも強力…
  2. 時代が進むにつれて、プロとアマチュアの差がなくなってきてると思うんですよね。というのも僕は格闘技にも…
  3. 実際の本屋さんで、自分の本を出版する。いわゆる商業出版は難しいじゃないですか。でも、これが電子出版で…

Facebookページ

PAGE TOP