電子出版を1つの入り口に

2018年の5月中に、自身の本ではないのですが
関東にあるダンススタジオのコンセプトブックという電子書籍を出版プロデュースしました。

TKObook宣伝

▲第1弾は、5月初旬に出版(画像をクリックで移動)

TKO宣伝v2

▲第2弾は、5月末に出版しました(画像をクリックで移動)

今までは、生徒の紹介やSNSを見て入会するといった流れがほとんどだったのですが
同業者も増え、また新たな集客の入口を作らないといけないと思い、電子書籍の出版を提案したのです。

まず他の同業者との差別化と同時に、スタジオのブランディングにもなるのではないか
そして、独自のクーポンページを作り、そのクーポンで実際の店舗(スタジオ)まで
足を運んでもらえたら良いと考え、新たな流れを作りました。

本から店へ

この流れを軸として、この前段階後の段階で、どのようにフォローしていくのかということを考えていきます。

なんといっても、この本には創業者である代表のスタジオを始めたきっかけから想いまで
どういった人が始めたものなのかということを予め知ってもらうことが目的でした。

知ってもらってから、店に来てもらうという、流れを作りたかったのです。

 

 

ピックアップ記事

  1. 電子出版をすると、以前の無料小冊子を使った集客をおこなうことができます。しかも、無料小冊子よりも強力…
  2. 時代が進むにつれて、プロとアマチュアの差がなくなってきてると思うんですよね。というのも僕は格闘技にも…
  3. 実際の本屋さんで、自分の本を出版する。いわゆる商業出版は難しいじゃないですか。でも、これが電子出版で…

Facebookページ

PAGE TOP