名刺は、何のため?

「名刺はチラシではないので情報を詰め込んではいけない」
「名刺はブランディングである」
というのを知ったことがあります。

そのことを知るまでは、チラシのように情報を詰め込んで
・開けるような仕組みにしたり
・2つ折りにしたり
と考えていたこともあります。

「そもそもスペースが狭いんだから、いかに情報を詰めれるのかが勝負でしょう」
とばかりに、ぎっしりと詰め込んでいました。

名刺はブランディングなんだということを知ってからは、考え直すようにしました。

さらに、驚くべきことに
有名なブロガーのイケダハヤトさんによると「名刺を持っている事自体が時代遅れである」とまで言っています。

どんだけ時代が早いんだー!と思ってしまいます。

 

さすがに、名刺を持ってはいますが、最近は写真を使うことも多いです。

名刺を渡した後に、スマートフォンの写真アルバムから、自分のプロフィールに関連する画像を見せたりします。

「これが、その時の写真です」
「これが完成品です」

といったように、名刺と同時に画像を見せることが増えています。

考えてみれば、その1枚で情報を伝える=ブランディングという意味では、名刺と写真は似ているのかもしれませんね。

 

 

ピックアップ記事

  1. 電子出版をすると、以前の無料小冊子を使った集客をおこなうことができます。しかも、無料小冊子よりも強力…
  2. 時代が進むにつれて、プロとアマチュアの差がなくなってきてると思うんですよね。というのも僕は格闘技にも…
  3. 実際の本屋さんで、自分の本を出版する。いわゆる商業出版は難しいじゃないですか。でも、これが電子出版で…

Facebookページ

PAGE TOP