テレビの影響力は弱まっているのか?

「テレビが面白くなくなってきた」
「最近はあまりテレビを見ない」

といった言葉を聞きますが、どうでしょうか?

私の場合は、テレビの影響力が弱まっていると実感しています。

なぜなら、影響を受けるものが、テレビ以外のものになっているからです。

例えば、最近とくに面白いと思うのは「AbemaTV」

NetflixHuluといった定額サービスもそうですが
こういったもので知った音楽に興味を持って、実際に購入したりすることも増えました。

しかも、その購入の仕方もApple Musicなどの定額サービス。

まずCDを買うことはなく、ダウンロードまたはダウンロードさえもしなかったりします。
そもそもCDを手に入れても、それを聴くためのデバイスがないので持っていても逆に困りますからね。

YouTubeで知って買うものもあったり、むしろ買うというより借りるという感じでしょうか。

こういったコンテンツだけでなく
実際に買ったモノも必要なくなったら、メルカリやヤフオクで売ったりして・・
思い入れがあるものは持ち続けるが
普通に長く所有するというカルチャーは減っているのではないでしょうか。

買い物のカタチも変化していってますね。

 

 

ピックアップ記事

  1. 2019/10/9

    information
    当ウェブサイトに、お越しいただきありがとうこざいます!複業家2.0ウェブサイト運営者の杉山トシツグと…
  2. 2020年から始まる5G通信によって 話題になっているのが動画です。同時に、YouTubeが再び注目…
  3. 電子出版をすると、以前の無料小冊子を使った集客をおこなうことができます。しかも、無料小冊子よりも強力…

Facebookページ

PAGE TOP