UberEatsによる3つの変化


UberEATS(ウーバーイーツ)が広まっていますね。

このような宅配サービスにより
今後の飲食店ビジネスが、大きく変化し始めます。
それらの変化は、主に3つ。

❶エリアが広がる
今までは「同業者の店が近くに出来た」
といったことが問題でしたが
これからは、近いかどうかといった距離は関係なく
より対象となるエリアが広がります。

宅配できる範囲であれば良いわけで
ウーバーイーツは、自転車だけではなく
バイクでもおこなうので、かなりの範囲に広がります。

 

❷宅配を導入する店舗が増える
今まで宅配をおこなってこなかった店舗が
導入するようになるでしょう。

働き方改革による
☑︎ 残業時間の規制
☑︎ 有給休暇の義務化
☑︎ 同一労働同一賃金
の影響により
雇用のハードルが上がっていく中
注文が入った場合のみ、経費となる
いわば成果報酬型の宅配サービスは
店舗にとっても、メリットが大きいのです。

つまり、配達をおこなうために
わざわざ人を雇わなくて良くなるわけです。

これにより、今まで配達にまで
手が回らなかったような店舗(小型店舗)も
リスクなく始められるわけです。

 

❸無店舗型ビジネスの登場
これにより、厨房だけを用意する
無店舗型の店舗が登場していきます。

無店舗なので、看板を作る必要もなく
店舗を運営するための人件費も抑えられるので
飲食店へのハードルが一気に下がるのです。

レジもウエイターも必要なく、いるのは料理人のみ。
そういった店が増えていくでしょう。

さらに、セントラルキッチンという
構想も進んでおり
格安で厨房を貸し出すことで
開業資金も大きく抑えられたスタートアップが踏み出せるようになります。

 

最後に…
これからは、飲食店の変化が必要とされる時代。
さらに5Gの普及により、こういった変化が加速していくと思われます。

 

 


【このブログについて】
複業家2.0って何?
何年も前から、教室ビジネスや自分が代表になって動かしている事業がありました。これにコンテンツを中心とした事業を取り入れ「印税収入」「広告収入」「コンテンツ販売収入」といった3つの収入モデルをベースに新しく活動を開始しました。
以前の複業モデルを1.0として、新たなコンテンツビジネスを加えたことにより複業家2.0と名付けました。これらは一切在庫を抱えることなく、無形であるコンテンツもしくは、自身のカラダ1つあれば動かせるモデルです。
複業家2.0は、3つのコンテンツモデルをベースとし、教室ビジネスと代表事業モデルの全5つのジャンルで進めています。

【プロフィール】
杉山トシツグ
複業家/電子書籍作家/パラレルワーカー
岡山出身。
電子出版を開始→タイピングが苦手なのでスマホの音声認識で執筆→40冊を出版し「Kindle連続作家」となる。
元ダンス教室オーナー、JSMAコンサル資格取得、ダンスメソッド開発、メディア運営といったパラレルキャリアを経験。
現在は、今までの活動に加え
PrimeVideoの配信、Vチューバーキャラクター、電子マガジンといった新しいジャンルにも挑戦しております。
※Vチューバーとは、アニメーションキャラクターを使ってYouTubeで動画を配信する人ことです。

ピックアップ記事

  1. 「皆さん、独自メディアを作っていますか?」という、いつものフレーズから進めて行こうと思います。…
  2. 電子書籍は、あるものと組み合わせましょう。そのあるものとは「メディア」です。https:…
  3. https://www.youtube.com/watch?v=hE5xrxkormMバーチ…

Facebookページ

PAGE TOP