スマートフォンを活用する時

今、あなたのすぐ近くに誰か人がいますか?


もし誰かいたら、その人が持っている電話を見てみて下さい。
スマートフォンではないですか?
では、他の人は?

多分、その方もスマートフォンではないかと思います。

私が何を言いたいかというと スマートフォンはもう浸透していて
誰もが常に持ち歩いているアイテムです。
そう!これがもの凄いチャンスだということなんです。

スマートフォンは、ただの携帯電話ではありません。
読んだり、書いたり、調べたり そして買い物をしたりできます。
つまり、財布でもあるということです。

クリックしたり、また電話で注文して買い物をします。
ビジネスをしているあなたは、そこに入っていかなければなりません。

よく「私はインターネットが苦手なので、アナログでしています」と言う方がいますが、それだけで多くのチャンスを逃しています。

たしかに、アナログも まだまだ活用しているし、無くなることはないでしょう。
しかし、冒頭でお話ししたように 気づいたら、皆さんスマートフォンを使っているという現状です。

つまり、もう既に時代が変わってしまっているということなんですね。

例えば、電話番号を調べたい時に スマートフォンを持っているのに わざわざタウンページを探しますか?
パパッと検索しますよね。
またニュースを読みたくなったら、ニュースアプリで読んだりしてません?

スマートフォンも進化し、どんどん機能も増え便利になっていってます。

あなたが商売を、ビジネスをしているのであればスマートフォンに向けてアプローチしていくのは当然ではないですか?
ですよね。

今では公衆電話を使わず、誰もが携帯電話を使って電話をするのと同じです。
時代とともに、あなたも進化していく必要があります。

だからといって
すぐにすぐ、インターネットを活用しろと言われても分かりませんよね。

まずは、今インターネット上で
どのようなことが起こっているのか?
どのような部分がビジネスに役立つのか?
活用出来るのか? を知っていく必要があります。

そこで、そういった内容に応えている動画を紹介します。

その動画と、 スマホ活用セミナー(入門編です。

この動画では、以下の5つのテーマ中心に解説しています。
1・無料でできる仕掛けづくり
2・フェイスブック活用
3・動画による効果とは?
4・ストック型メディア対策
5・ビジネスに使うアプリや設定

動画づくりの最適な長さ、フェイスブックのいいね数や投稿についてのヒントなど
この動画教材では、スマートフォンを活用している人にとっては、手に入れたい情報をピンポイントで話しています。

さらに、

【特典1】資料のダウンロード
動画以外でも、資料のPDFダウンロードが付いております。
ぜひ資料を見ながら、動画を観てください。
【特典2】提案マップのダウンロード
また後半で、スマホのマーケティングを提案しているのですが、その提案マップもダウンロードできるようにしております。
自分のビジネスを書き込んだりして活用してください。

実際のセミナーだと、習った後にメモを取ったが意味がわからない。
もう一度、聞きたい。 内容を忘れてしまったと言うことがあるかもしれません。
しかし、動画であれば何度でも見ることができるので、その心配はありません。

パソコンからでも スマートフォンからでも見れますし イヤホンを耳にさして通勤電車の中で見ることだって出来るでしょう。
また、ダウンロードだと容量が大きく負担もかかるので、ログインをして観覧をするという方式にしました。

実際に、セミナーの参加費や
会場までの行き帰りの交通費などを合わせると約1万円近くかかるでしょう。
また時間も確保しなければいけません。

今回は自宅でも外出先でもインターネットさえあれば観覧することができるように
ストリーミング形式の教材にしました。

今もっとも役立つ内容です!
一度だけではなく、何度も観て 是非この情報を吸収していってください!

これからインターネットを始める方だけではなく、既にインターネットを活用しているという方にも
ぜひ参考にしていただきたいと思っております。

smahoセミナー

題材:スマホ活用セミナー
講師:杉山トシツグ(JSMA認定スマホコンサルタント)
長さ:約70分
2大特典付き

料金:5000円 


動画ストリーミングによる観覧教材です。

観覧期限:2018年12月末まで

それでは、下記の購入フォームから 手に入れてください。

 

杉山トシツグ


活用セミナー観覧

 

 

 

 

 

 

ピックアップ記事

  1. 電子出版をすると、以前の無料小冊子を使った集客をおこなうことができます。しかも、無料小冊子よりも強力…
  2. 時代が進むにつれて、プロとアマチュアの差がなくなってきてると思うんですよね。というのも僕は格闘技にも…
  3. 実際の本屋さんで、自分の本を出版する。いわゆる商業出版は難しいじゃないですか。でも、これが電子出版で…
  4. 週刊現代のニュース記事に、オックスフォード大学が認定 あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」とい…
PAGE TOP